2014年06月10日

おしりブツブツ市販薬について

おしりブツブツ市販薬
おしりブツブツを治すなら市販薬が一番ですね。
市販薬であれば医者に行って長い間待たされたり
人前でパンツを下ろすことも必要ないからです。



市販薬は近所にある薬局や薬店で購入することが
可能です。しかしながら家の近所にある薬局や薬店
では種類が少なく自分の症状に合ったものが選べません。



そこで・・・・



オススメなのがインターネットを利用する方法です。
インターネットで販売されている市販薬は種類も
豊富で自分にぴったりのものを選ぶことができます。



おしりぶつぶつを治すと一口に言っても、そのニーズは
人によって様々です。例えば女性であればおしりぶつぶつが
単に目立たなくなれば良いと言うものではないはずです。


おしりぶつぶつを市販薬で消した上で、跡や黒ずみまでも
綺麗に消し去りたいと考えるのが普通ではないでしょうか?
ところが薬局や薬店で売られている市販薬はどうでしょう?


おしりぶつぶつを治すことあるいはニキビを治すことだけに
焦点を絞って商品を製造している会社が多いので、ステロイド
や合成剤などが混ざっているものが多いですね。


女性なら誰もがニーズとして持っている美を保ちながら、
おしりぶつぶつを治す市販薬というのは薬局や薬店では
見つけることが難しいのです。


それはどうしてでしょうか?



薬局や薬店などは周辺数百メートルを商圏として商売を
しています。その中には美を保ちながらおしりぶつぶつ
治す市販薬が欲しい人だけではないのです。



おしりぶつぶつが目立たなくなれば良いと考えている男性や
美とはあまり関係の無い、おしりぶつぶつのかゆみを何とか
したい高齢者なども多く買いに来るのが近所の薬局や薬店です。



ですから・・・・


若い女性に限定された美を追求しながらおしりぶつぶつを
治す市販薬はインターネットで購入するのが最良の方法なの
です。インターネットであれば全国から買い手が集まるからです。




全国から買い手が集まれば、特殊なニーズに応えることも
可能になってくるのです。おしりぶつぶつを黒ずみとともに
治したいと言うニーズにも応えてくれと言うわけです。



おしりぶつぶつを市販薬で治したい場合、できるだけ早く
購入した方が良いでしょう。症状が悪化すると治るの時間が
かかって跡が残ったりする可能性があるからです。



特に若い女性であればおしりぶつぶつを綺麗に治したいと
誰もが考えていますからね・・・。自分に合った市販薬を
使っておしりぶつぶつをうまく治しましょう。

posted by おしりのにきび at 09:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

おしりぶつぶつのかゆみについて

おしりぶつぶつ かゆみ
おしりぶつぶつのかゆみについて解説します。
おしりにぶつぶつができると痒みを伴う場合
が多く苦労している人が多いようです。


夏前になるとおしりぶつぶつで痒みを訴える
人が増えるというデータがあります。



このような人が真っ先に思いつく方法は・・・・



実は薬局なのです。市販の薬を薬局で購入して
おしりのかゆみを止めようとするのです。確かに
薬局にはたくさんのかゆみ止めが販売されています。



これはおしりのかゆみ止めに限ったことではあり
ませんが、痒み止めと謳われているものには、ステ
ロイドが使われていることが多くあります。



例えば最近テレビでは「頭皮湿疹を治す」とcmが
流れていますが、これらの製品の大部分がステロ
イドが使われているのです。


確認してください・・・・


製品の成分の欄を見てみてもステロイドとは書いて
ありません。副腎皮質ホルモンなどの名称で記載が
あるのがステロイドのことです。



ステロイドは炎症を取るのに抜群の効果があるので
塗ったときは綺麗に治ったと錯覚するのですが、根本
的には解決していませんので再発する可能性が大です。



根本的におしりぶつぶつを治すことを心がけなければ
ほんとうの意味での美尻を手に入れることは出来ないの
です。



美尻を手に入れるためには・・・・・


おしりぶつぶつの原因は実は乾燥にあることが多いのです。
そのために保湿を徹底することが大切ですが、使う保湿剤
によっては添加物が多く含まれています。



肌が弱っている状態のときに添加物を塗りこむと余計に症状
が悪化する場合があるので注意が必要です。なぜ添加物を使っ
て保湿剤を作るのでしょうか?



添加物を使うのは多くの場合、保湿剤を腐りにくくするためです。
腐りにくくすることで長い期間販売することが出来るので、儲けが
大きくなるのです。


すぐに腐るものは短期間に販売してしまわなければならないのです。


しかしながら消費者の立場に立つならば、添加物が入っていない
保湿剤が絶対的にオススメです。保湿剤を選んで使うことで根本
的な症状の改善に努めましょう。
posted by おしりのにきび at 17:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月27日

おしりぶつぶつ 皮膚科で治す

おしりぶつぶつは皮膚科で治すのがベストでしょうか?
たしかに皮膚科は治療をするところで、そのなかには
ニキビ(ぶつぶつ)も含まれています。


経験豊富な皮膚科の医師の助言を参考におしりぶつぶつ
を治すということも方法の一つです。しかしながら全て
の皮膚科の医師が処方する方法がベストだとは限りません。


例えば、皮膚科の医師がよく処方する薬があります。その
一つに「リンデロン−VG軟膏」がありますが、これは炎症を
抑える目的で炎症を抑える合成副腎皮質ホルモン剤が入っています。



炎症を抑える合成副腎皮質ホルモン剤って何でしょう?




合成副腎皮質ホルモン剤はいわゆる「ステロイド」と呼ばれている
薬です。この「ステロイド」に抗生物質の配合剤を混ぜてつくった
のが「リンデロン−VG軟膏」なのです。



「ステロイド」は言わずとしれた薬の一種で、湿疹などの炎症を
抑えるのに抜群の効果を発揮します。塗った翌日には綺麗になって
いることも珍しくありません。


でも少し待ってください・・・・


「塗った翌日に湿疹が綺麗に治る?」皮膚科にまで行こうと考えて
いる人はいろいろな方法を試した上で、おしりぶつぶつを治したい
と考えて皮膚科に行ったのではないでしょうか?



そんなおしりぶつぶつが簡単に治るのでしょうか?「ステロイド」は
対処療法です。塗った時には炎症が治まりますが、根本的に治った訳
ではないのです。またおしりぶつぶつが出来ることも珍しくありません。


しかも「リンデロン−VG軟膏」はステロイドの中でもかなり強い部類に
入ります。このように強いステロイドを処方されたまま使い続けていると
おしりぶつぶつが治りにくくなったり、症状が悪化したりすることもあります。



そのように考えると、おしりぶつぶつを治そうと皮膚科に行くことが全て
の人にとってベストの選択肢というわけではないですね。確かにあまりに
おしりぶつぶつがひどい時には「ステロイド」の使用も必要です。



しかしながら・・・・・



おしりぶつぶつを本当の意味で綺麗に治そうとおもったら、「ステロイド」
に頼り切るのではなく、他の方法を検討することも必要です。できるだけ
薬に頼らず根本的な治癒をめざしましょう。


「ステロイド」の使用は本当に症状が悪くてどうしようも無い時に
短期間使用するという形で使うのが良いでしょう。
posted by おしりのにきび at 09:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
セキュリティ管理
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。