2014年05月14日

おしりにぶつぶつが出来るのは何故?

おしりぶつぶつの原因
お尻ぶつぶつができると、人に見られて恥ずかしい
だけではなく、座るたびに痛さを伴ったりして憂鬱
な気分になりますね。

夏になると薄着になる機会が増えたり、水着になった
りするのでおしりの露出が増えますね。それにしても
おしりぶつぶつは何故出来るのでしょうか?

その大きな原因の一つが肌のバリア機能の低下です。
おしりの表面の肌の保湿がうまくいっていないことに
より角質層の水分量が不足することによるものです。


角質層の水分量が不足すると、外からの刺激を防ぎ
切れずに体内に取り込んでしまうために更に症状が
悪化してしまうのです。



外からの刺激とは具体的には、紫外線や細菌などのことを
指します。角質層の保湿が不十分であるために紫外線や
細菌の攻撃から体を守りきれないのです。


そのことが原因でニキビが出来たり、黒ずんだりして
しまうのですが、それを防ぐためには肌に優しい保湿剤
を使用することが大切です。


おしりは体のなかでも最もデリケートな部位です。更に
下着に包まれていて蒸れやすい箇所でもあるために、菌が
繁殖しやすい場所でもあるのです。


このようなことから、保湿剤選びは肌のことを第一に考え
成分などに注意して選ぶようにしましょう。


具体的には合成着色料や香料そして鉱物油などが使われて
いない保湿剤を選ぶようにしましょう。


そして意外と知られていないのですが、アルコールやパラベン
も肌を荒らしニキビや黒ずみの原因となるので避けたほうが
懸命です。

春先にしっかりとケアをすることで綺麗なお尻で夏を迎えられ
るのです。


posted by おしりのにきび at 18:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
セキュリティ管理
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。