2014年05月01日

おしりのぶつぶつ 夏になると思い出す 

小学生のときおしりにぶつぶつができてそのままにしておいたら、大人になってからもそのぶつぶつの跡で苦しめられています。小学生のとき始めはおしりがかゆかったので掻いていたのですが、そのうちにおしりぶつぶつが想像以上に広範囲にわたっていることがわかり怖くなりましたが、どうしてよいのかわからずそのまま放置してしまいました。自分で体験したことある水疱瘡かな?くらいにしかそのときは思っていなかったのですが大人になってからも跡がしっかりと残っているのでやはり早い段階での処置が必要だったんだなと後悔しています。いまでは少し黒ずんでいます(涙)おしりぶつぶつは気づいたときにすぐに処理するようにすれば後遺症も軽くて済んだのでしょうけど・・・と思うとなんだか悔しい気分になりますね。また露出の多い夏がやってきます・・・・。
posted by おしりのにきび at 10:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
セキュリティ管理
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。